走行距離が、65585kmでの車検整備です。

入庫時は、エンジンを始動した直後、エンストする症状もありました。

こちらも点検します。

まずはブレーキです。前後ブレーキは分解し点検しました。

↑分解して気がつきます。ダストブーツが破れていました。

↑分解といってもここまでばらしませんが、パットを外して点検することで不具合を発見できます。

↑ブレーキキャリパーのシールキットを交換します。

↑組み付けしました。

↑ブレーキパットの残量は、7mm。パットグリスを塗り組み付けしました。

↑リアブレーキはドラムを外し点検。 ホイルシリンダーからの漏れなどを点検。

↑リアブレーキシューは3mm、十分ありますので清掃し組み付けしました。

ブレーキオイル交換。

↑フロントキャリパーをオーバーホールしたので、エア抜きもしました。

エアエレメント点検。

↑これだけ汚れていれば、交換しか方法はありません。左側NEW。

ベルト点検。

↑ベルトが切れてしまうと、大変危険です。 小さなヒビを発見。

↑新しいベルトに交換。 NEW。

↑ついでにベルトのァジャスターも予防のため交換します。

このプーリーは、ベルトの背面を押さえてるので、摩耗してきます。

点火プラグ交換。

↑摩耗してます。

↑プラグ4本交換しました。 NEW。

スロットルチャンバー清掃。

↑やっぱり汚れています。

↑専用クリーナーで洗浄。

↑すると綺麗になります。

空気の通り道がカーボンで汚れて蓄積してくると、補正範囲が限度を超えてしまい

アイドリングが定まらないし、ファーストアイドル時もエンストする症状になります。

↑そして吸気経路の洗浄で、カーボンも徐々になくなると調子も良くなります。

アイドリングもすごく良くなりました。

バッテリー交換。

↑入庫時は、エンジン始動容量が62%まで低下していました。

これから冬場なので早めに交換です。

エアコンフィルターの交換。

↑フィルターもすごく汚れていました。

↑新しいフィルターに取り替えました。 右側NEW。

ワイパーゴム交換。 ウォッシャー液補充。 灯火装置の点検で作業完了です。

ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email