走行距離が、66833kmでの車検整備です。

入庫時は、エンジンチェックランプも点灯している状態でした。

まずは、DTCの読み出し。

↑読み出しと、消去ができるテスターで確認。

P0135は、O2センサーの前側の不具合です。よく見かけるセンサー不具合です。

↑エキゾーストマニホールドのエンジン側に近い方のセンサーを外しました。

↑右側NEW。 センサーも消耗品になります。

↑センサーの取替後、エンジンチェックランプも消灯しました。 (#^.^#)

あとは、定期点検していきます。

↑ブレーキのパット残量は、7mm。まだまだ使用出来ます。良好。

↑リアは、ホイルシリンダーからブレーキオイルの滲みがあり、カップキットを交換します。

↑写真のシルバー色した部品の中にカップキットが入っています。

ブレーキを踏んだ時に、ブレーキオイルが漏れないようにしてる部品です。

距離や、年数が経過してくると、ゴムの部品なので、消耗してきます。

↑部品を組み付けしました。

↑リアのブレーキの残量は、3mmですので、まだ使用できます。

↑ブレーキオイルは、カップキットの交換をしましたので、エア抜きという作業もしました。

冷却水の交換。

↑冷却水は、車検ごとに定期交換します。

↑エアエレメントは、点検し、清掃しました。良好。

↑点火プラグは、摩耗していたので、 交換しました。

運転席のドアミラー取替。

↑入庫時の、ドアミラー。(-_-;) でもガチャピンが乗っているのでOk。

↑てな訳にはいきません、交換します。(#^.^#)、

以上が今回の整備内容です。ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email