オイル漏れ箇所は、ヘッドカバーのパッキンからです。

↑漏れたオイルがマフラー伝い煙が上がる危険な状態でした。

↑フィルターを外してヘッドカバー全体が見える状態に、

↑オイル管理が良いので、ヘッドは良い状態でした。

↑外したヘッドカバーです。 寒い時期なのでパッキンを外すのに、少し温めながら外すと

パッキン自体取れやすくなったりします。

↑プラグシールもパキパキ割れてしまうほど、硬化してます。

↑新しいパッキンをセットし、組み付けしました。

冷却水の漏れは、サブタンクからです。

↑うっすら見える線がクラックです。

↑外すと壊れる、サーモスタット。

↑サーモと、各Oリングも同時に交換します。

↑この状態で取り付けし、冷却水の補充とエア抜きで作業完了です。

水回りの他のパーツもプラスティックが多いので不安要素も残ります。

ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email