チェックランプ点灯で、入庫となりました。

診断機を接続し、DTCの読みだし、3番シリンダーのミスファイア。

↑コイルと、プラグを外して点検しました。

↑プラグ全数交換と、3番シリンダーのコイル交換となりました。

予防整備としてコイルの全数取り替えも視野にいれながらの選択となりました。

そのほかのDTCも読み出ししたところ、助手席の着座センサーの不具合があるようで

こちらは、消去しても消えない状態でしたので、エアバックランプは点灯している状態です。

ミスファイアの故障履歴は、消去し完了となりました。

ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email