エンジンチェックランプ点灯で入庫頂きました。

そのほか、下回りの点検でドライブシャフトブーツの取り換えも必要となり

合わせて見ていきます。

チェックランプは、ヒューエルエバポレーションシステムに異常があり、パージバルブを交換します。

 

↑外見は全く問題ありませんが、バルブが開きっぱなしになっている状態でした。

↑取り替え後、ホースバンドは汎用タイプに変更し、DTCのリセットで完了。

↑ドライブシャフトブーツは、左側のアウター側、ブーツバンド付近からグリス漏れがあり交換します。

↑シャフトを抜き作業しました。

↑アウタージョイントの古いグリスを洗浄していき、

↑新しいグリスを詰め込み

 

↑シャフトに組み付け。

↑車両に取り付け後、試乗し完成。

ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email