お知らせ

DSCN0654

走行距離が、40444kmでの車検整備です。

走行中にハンドルがすごくとられると言う事でまずは、試乗しました。

試乗すると、私も怖いと感じすぐにリフトアップ。

DSCN0298

 右のロアアームのねじが飛び出てます。 聞けば板金修理に出してたらしくおそらく

締め忘れだと思います。 ねじ山確認後、締め付けし試乗でふらつく症状もなくなりました。

DSCN0635

↑タイヤも偏摩耗しているので、

DSCN0643

フロント側2本取り替えしました。

DSCN0615

↑ハブベアリングにもダメージがあり、取り替え。

DSCN0621

↑新しいベアリングをプレスで圧入し、

DSCN0631

↑組み付けしました。

DSCN0651

↑ドライブシャフトのセンターナットを規定トルクで締め付けしました。

後は、通常通りの整備です。

ブレーキ分解、点検。

DSCN0622

 ↑フロントのブレーキパット残量は、6mmで十分使用できます。

清掃しパットグリスを塗り組み付けしました。

DSCN0611

↑リアのブレーキは、ブレーキドラムを外し点検。

DSCN0610

↑ブレーキの残量は、3.8mm。残量十分です。オイルの滲みもなく良好です。

ブレーキフルード取り替え。

DSCN0648

↑ブレーキオイルは、車検毎に定期交換します。交換前です。

DSCN0649

↑交換後です。

エアエレメント清掃。

DSCN0609

↑エアーで埃を飛ばし清掃しました。

点火プラグ交換。

DSCN0608

↑プラグは、摩耗している状態(左側)でした。 右側NEW。

DSCN0606

↑プラグは、3本とも取り替えしました。

エンジンフラッシング後、オイルとエレメント交換。

DSCN0639

↑モチュールのエンジンクリーンを使用しアイドリングで約20分後、

DSCN0645

↑エンジンオイルを排出し、オイルエレメントも同時に交換しました。

エアコンフィルター交換。

DSCN0652

↑室内にあるフィルターです。 交換目安は、1年または、10000km毎に交換します。

以上が今回の整備内容です。 ありがとうございました。

 

Print Friendly, PDF & Email