車を安全に走行するためには、自分でできる箇所は日ごろからチェックすることが大切でオイルやウォッシャー液にタイヤなどが簡単に確認することができます。

特にタイヤは道路を走行する上で非常に大切なパーツとなり、溝が減った状態でブレーキを掛けたりカーブを曲がったりした際にすぐに止まれなかったりスリップしてしまったりと事故の原因になることもあります。

そのような事故を起こさないためにもタイヤ交換するための判断基準を知る必要があります。

主に見る箇所はスリップサインの出ているかどうか、使用年数、そしてひびが出ていないかの三つになります。

スリップサインは溝の深さを調べることになりますが、1.6ミリ以下になってしまうと非常に滑りやすく車検にも通らないので2から3ミリほどで交換するようにすると安心できます。

使用年数は経年劣化してタイヤが硬くなり傷みやすくなるため破損の原因になりますので、使用年数には注意しましょう。

また、ひびも経年劣化で発生することがあるので日ごろから確認しておきましょう。

そのほかにもタイヤの側面が膨らんでいたり変形していた場合は、すぐに交換する必要があります。

Print Friendly, PDF & Email
お知らせ