皆さんは車の誕生秘話をご存知でしょうか?

車好きなら知っておいて全く損はありません。

なので、今回は車の誕生秘話についてお話させていただきます。

1769年にフランスのニコラ・ジョセフ・キュニョーが世界初の自動車を発明しました。

今は自動車の動力と言えば、ガソリンエンジンかディーゼルエンジンが主流ですが最初の自動車は蒸気自動車でした。

この蒸気自動車は、軍隊で使用する大砲を運搬する目的で作られたため、車体が重く、最高速度は10km/h程度でした。

この蒸気自動車は3輪式で舵を取るのが難しかったため、試験走行中に壁に激突するというハプニングがあり、世界最初の自動車で最初の事故を起こしてしまいました。

1873年には電池式の電気自動車が作られるようになり、1899年にフランスでジャメ・コンタント号が当時最速の105.9km/hを達成しています。

1885年になるとドイツでガソリン車が発明され、翌年にはカール・ベンツがガソリン式の3輪自動車を販売して、世界初の市販ガソリン車が誕生しました。

自動車レースの誕生もこの頃で、1895年に開催された自動車レースに参加したのがガソリン自動車15台、蒸気自動車6台、電気自動車が1台です。

フランスのパリとボルドーを往復するコースを完走した9台のうち、8台がガソリン車だったことからガソリン車の優位性が実証されました。

いかがでしたでしょうか?

車のことを知るのは大変楽しいことですね。

Print Friendly, PDF & Email
お知らせ