寝不足による居眠り運転は判断力が著しく低下し、大変危険なものです。
基本は運転する時はしっかりと睡眠を取り、体調の悪い時には運転しないことが賢明です。

しかし、それでも運転しなければならない場合は、必ず頻繁に休憩を取ることが必要です。
眠気覚ましとしてコンビニなどでガムやミント系のタブレット、ドリンクなどが販売されていますが、これらは一時的なものであり根本的な解決にはなりません。

眠くなった場合は、必ず無理に運転せずに駐車できるスペースを探しましょう。そして、車を停めて短時間でも構いませんので仮眠をとることをお勧めします。だいたい30分程度の仮眠で眠気が覚めることがほとんどです。
また、複数人で乗車している場合は運転を代わってその間に仮眠するという方法もあります。

一番重要なのは運転する際は、体調を考えて事前に睡眠をしっかり取ることが大切です。
万が一眠くなった場合は、とにかく絶対にそのまま運転しないで休憩を十分に取りましょう。数十分の時間のロスになるかもしれませんが、居眠り運転による事故を起こして自分や周りの人の人生を壊してしまうことになるよりは、しっかりと休憩を取って安全運転を行うことが重要でしょう。

Write a comment:

コメントを残す

2015 © Copyright - まごころ自動車