オイル漏れ修理。

DSCN1846

アンダーカバーも酷くオイルで濡れています。

DSCN1843

こちらも同様。

DSCN1845

どれもこれもです。

DSCN1841

とにかく、かなりの漏れ具合です。

DSCN1842

特定困難ですが、上からには間違いありません。

ヘッドカバーを外して、チェック。

DSCN1820

↑パッキン自体は硬化しているわけでもなさそうでした。

DSCN1819

↑ですが、一番奥のプラグホール内がオイル侵入しています。

DSCN1825

↑ここから侵入している様です。補修してありました。

DSCN1826

↑裏側確認したところ、かなり大きなクラックがあり

反対側が見えてしまう状態でした。

DSCN1824

↑その他も

DSCN1823

↑割れていたりとかで、パッキン交換の際に

無理やりマイナスドライバーとかでこじったと思われます。

確かに硬化したパッキンだとカチカチになります。

なので、エンジンを温めてから作業に取り掛かるほうが、ある程度パッキンも

やわらかくなりやすいと思います。

DSCN1830

↑今回はヘッドカバーを交換せずに、表側と裏側に再度

DSCN1831

↑補修するかたちを取りました。

これで漏れ出すようならば、ヘッドカバー交換となりますので。

DSCN1832

ガスケット交換し組み付けしました。

オイルエレメントハウジング・ガスケット交換。

DSCN1847

取り外し、

DSCN1850

↑オイルで汚れている所を清掃します。

意外と清掃にとられる時間がかかります。

DSCN1848

ハウジング側も清掃していきます。

DSCN1849

パッキンを取り付けし組み付け。

エンジンオイルを入れ漏れの確認。

DSCN1862

下回り、アンダーカバーも清掃し、漏れの確認となります。

DSCN1863

ご来店ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email
お知らせ