DSCN2077

リアのブレーキ異音からの入庫となりました。

DSCN2077

↑ブレーキパッド摩耗限度を超え、ディスクまでダメージあります。

DSCN2052

↑後ろ側がメインですが、前側も同時にメンテナンスとなりました。

DSCN2079

↑ブレーキダストの少ないディクセル Mタイプを選んでいただき

DSCN2121

↑フロント、リアとも交換しました。

リアのブレーキメンテには、電子パーキングブレーキを解除する必要があり

診断テスターにて行い、作業も無事に終了。

エンジンをかけていると、オイルの臭いがするので下回りチェックすると

かなりの広範囲でオイル漏れが確認でき、あわせて整備させていただきました。

DSCN2065

↑タイミングベルトカバー周辺にオイル付着が確認でき、

DSCN2061

↑プーリー等にも伝わるといった具合で、周辺パーツの交換が必要となり、

DSCN2105

↑タイミングベルトキットと、ウォーターポンプの交換と、

DSCN2093

↑クランクフロントオイルシールも

DSCN2103

↑新しくし、

DSCN2107

↑組み付けしていきました。

DSCN2089

↑マウントも亀裂があり、そこから漏れだしているので、

DSCN2110

↑マウントも同時に交換。

IMG_5328

↑そして、奥バンクのカムソレノイド付近にもオイルが付着しており、

IMG_5327

↑ソレノイドバルブを交換。

エンジンルーム内、下回りを綺麗に洗浄し漏れが無い事を確認し納車となりましたが、

翌日再入庫。

IMG_5350

↑チェックランプ点灯とアイドリング不調ですが、ミスファイア起こしているので、

IMG_5345

↑コイルのクロステストしましたが、コイルではなさそうです。

IMG_5346

↑スパークプラグですが、状態が良くないか目視では確認できず、

2番と3番を振り替えして経過観察して頂く事になりました。

Write a comment:

コメントを残す

2015 © Copyright - まごころ自動車