入庫時走行距離、126649km。

点検し、見積もり作成後、ご相談、着手となります。

DSCN3118

まずはオイル漏れ修理。

DSCN3026

↑エンジン上部からのオイル漏れ修理。

DSCN3081

↑ヘッドカバーを外してパッキン交換の準備。

DSCN3090

↑プラグシールは大丈夫なようで、プラグホール内にはオイル混入してません。

DSCN3084

↑ヘッドカバーと、パッキン。

DSCN3091

↑新しいパッキンを取り付けします。

DSCN3092

↑組み付け完了。

DSCN3093

↑オイルフィラーキャップの横あたりに、VVTバルブがあり、

DSCN3095

↑こちらのカバーのパッキン不良のためにオイル漏れするので、

DSCN3096

↑交換し組み付け。

DSCN3113

↑組み付け後です。

DSCN3060

↑フロントブレーキパッドですが、まだ使用できそうですが、

距離が延びるようなら、早めのメンテナンスをオススメします。

DSCN3055

↑リアは、ブレーキドラムを外し点検。

DSCN3056

↑残量もまだ大丈夫、ブレーキオイルの滲みもなく良好でした。

DSCN3064

↑ブレーキフルード交換。

DSCN3066

↑交換後です。 ブレーキフルードは、車検後毎に交換します。

DSCN3059

↑エンジンオイルを排出し、オイルエレメントと同時に交換。

次回交換は、130600kmです。

DSCN3054

↑冷却水を排出し

DSCN3069

↑排出するところのコックも同時に交換しました。

DSCN3052

↑エアエレメントは、今回清掃。

DSCN3079

↑ベルトは、鳴きのため今回交換しました。(ファンベルトのみ)

DSCN3078

↑オイル漏れもあり、下回りは洗浄して漏れの確認後、完成となりました。

ご入庫いただき、ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email
お知らせ