DSCN4881

点検時の走行距離は60745kmでした。

DSCN4881

ブレーキの状態は良好だったので、分解清掃・グリス塗布をしています。

DSCN4856

↑フロントパッド。残量10,5mm

DSCN4857

↑リアパッド。残量7,7mm

ブレーキオイルを交換しました。

DSCN4859

↑交換前

DSCN4860

↑交換後

エンジンオイルとオイルエレメントの交換時期だったので交換しました。

DSCN4872

↑排出中

新しいオイルを6,5リットル注入しました。

DSCN4882

↑オイルレベルはセンサーが測定してくれます。

次回は、走行距離64700kmで交換がオススメです。

冷却水に添加剤を注入しました。

DSCN4864

車検毎に注入し、冷却水の劣化を防ぎます。

エアコンフィルターを清掃しました。

DSCN4868

↑清掃後

ホイールが汚れていたので洗浄しました。

DSCN4853

DSCN4863

診断機を接続し、故障コードのチェックとサービスインターバルのリセットをしました。

DSCN4880

以上が今回の整備内容です。

ありがとうございました。

次に、今回は修理を見送った部分を書き出します。

オイル滲みを3箇所発見しました。

オイルエレメントハウジングから滲み。

DSCN4876

クランクプーリーの横に付いているハイドロリックバルブから滲み。

DSCN4873

ヘッドカバー上部に付いているセンサーから滲み。

DSCN4875

バッテリーが少し弱ってきていました。

測定時は、電圧12,57V スタート容量64%でした。

装着されているバッテリーはAGMバッテリーです。

Write a comment:

コメントを残す

2015 © Copyright - まごころ自動車