DSCN9253

点検時の走行距離は151995kmでした。

DSCN9253

車両をリフトアップし、各部点検を行いました。

ブレーキの残量は、フロント 9,2mm・リア 5,0mm 残っていました。

フロント、リア共に十分残っています。

ブレーキオイルは車検毎に定期交換がオススメなので交換しました。

DSCN9239

↑交換前

DSCN9243

↑交換後

エンジン冷却水も車検毎に交換がオススメですが、

少し前のラジエータ修理時に交換しているので今回の車検では交換していません。

エンジンオイルは交換時期が過ぎていたので交換しました。

DSCN9228

次回は、走行距離156000kmで交換がオススメです。

エアーエレメントを清掃しました。

DSCN9225

↑清掃後

A/Cフィルターを清掃しました。

DSCN9252

↑清掃後

エンジンオイルが漏れていたので修理しました。

エンジン上部のヘッドカバーからオイル漏れです。

DSCN9191

↑修理前

DSCN9202

スパークプラグ点検の為、イグニッションコイルを取り外すとオイルで濡れていました。

DSCN9203

プラグホールからも漏れているようです。

DSCN9213 DSCN9219

ヘッドカバーを取り外し、ガスケットを交換します。

DSCN9214

↑新品ガスケット。プラグホールのガスケットもセットです。

DSCN9221

組み付けて修理完了です。

フロント・スタビリンクのブーツが破れていました。

DSCN9229

↑この状態では検査に合格しないので交換します。

DSCN9233

↑写真下側が新品。左右とも、同じ状態でした。

DSCN9235

↑交換後

ハイマウントランプの光量が昼間では点灯が確認できないぐらい低下していました。

ハイマウントランプ本体の不具合なので、本体を交換しました。

DSCN9241

↑右側が新品。LEDランプなので電球の交換はできません。

DSCN9249

↑交換後

運転手に現在のシフトポジションを伝えるインジケータのDレンジが球切れの為、不点灯でした。

DSCN9244

↑シフトレバーをDレンジに入れています。

DSCN9248

内装をばらして電球を交換します。

DSCN9245

↑新品

DSCN9250

↑交換後です。

以上が今回の整備内容です。

ありがとうございました。

Write a comment:

コメントを残す

2015 © Copyright - まごころ自動車