DSCN1751

入庫時の走行距離は125480kmでした。

今回は整備が必要な個所が多く、重整備になりました。

前後ブレーキパッドの残量が少な目でしたので交換しました。

DSCN1816

↑フロントパッド

DSCN1817

↑リアパッド

ブレーキオイルを交換しました。

DSCN1815

↑交換前

DSCN1818

↑交換後

ブレーキオイルは車検毎に定期交換をオススメしています。

スパークプラグを交換しました。

10万km交換不要の長寿命タイプが装着されていましたが、交換履歴が見当たらないので交換しました。

DSCN1799

↑新旧比較。

取り外したプラグは、隙間が広がっていました。

DSCN1798

全数(4本)交換しています。

DSCN1807

スパークプラグを交換する際、インマニを取り外したのでガスケットは新品に取り換えています。

DSCN1795 DSCN1796

スロットルボディの状態を確認すると、汚れが溜まっていたので清掃しました。

DSCN1809 DSCN1808

↑清掃後

スロットルボディの清掃で入庫時にお伺いした、アイドリングが安定しない症状は改善されました。

エアーエレメントが汚れていたので交換しました。

DSCN1811

冷却水の漏れを修理しました。

DSCN1751

ウォーターポンプのハウジングから漏れていました。

DSCN1805

ファンベルト、オルタネータ、ウォーターポンプを取り外して作業をしました。

DSCN1803

↑取り外したハウジング。

DSCN1806

ハウジングガスケットとウォーターポンプガスケットを交換。

DSCN1814

ファンベルトは亀裂が入っているので交換しました。

DSCN1813

↑新品

DSCN1823

外した部品を組み付け、冷却水を注入して冷却水漏れ修理完了。

エアコンの効きが良くなかったので点検しました。

エンジンかけ始めと夜間は冷えるが日中などは温い風しか出ないという症状です。

電動ファンが回っていなかったので、コンデンサーが冷却できなかったためエアコンの効きが良くなかったと思われます。

ファンモーターを交換します。

DSCN1800

写真右側の電動ファンが回っていませんでした。

DSCN1801

モーターを交換し、エアコンを点検しました。

DSCN1825

ガス圧は正常です。

DSCN1826

吹出し口の風も良く冷えています。

エアコンフィルターが汚れていたので交換しました。

DSCN1822

↑取り外したフィルター

エアコンの冷え具合には関係しませんが、フィルターが詰まると風の強さが弱くなります。

DSCN1821

↑右側が新品。

以上でエアコン修理は終了です。

バッテリー状態をテスターで点検。

DSCN1812

スタート容量が低下していたので交換しました。

DSCN1820

↑交換後

以上が今回の整備内容です。

ありがとうございました。

Write a comment:

コメントを残す

2015 © Copyright - まごころ自動車