「エンジンから異音とスピードが出なくなった」で来店です。

点検・診断

異音は「キュルキュル」なっていました、メーターに警告が表示しているので診断するとCVTスピードセンサーのエラーが入っています、センサーのみの供給が無いためバルブボディ事の交換になってしまいます。

相談し現物修理で修理することになりました。

取り外したセンサーを清掃・修理後に組み付けます。(すいません写真を撮り忘れました。)

組み付け後オイルを入れていきます。

異音はベルトもしくはテンショナーをが原因と思われます、今回はベルトを交換し様子を見ていただき再度鳴きが止まらない時にテンショナーの交換することになりました。

運転席パワーウインドウスイッチが破損しているので交換しました。

社外品のスイッチを取り付け動作確認をし完成です。

エンジンオイルの交換距離が近いので交換しました。

次の交換距離は50100km又は半年後です。

ご来店ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email
お知らせ