以前から、入庫する毎に診断しておりオートマ内に故障が入力されてましたが、

今回は、3速ホールドされて、シフト操作時にショックがあり修理する方向となりました。

↑バルブボディを外し、

↑ATのコントロールユニット交換します。

↑新しいコントロールユニットです。

↑交換し、

↑ミッション側に取り付け。 その後ATフィルター、ガスケットを新品に交換し、

↑テスターにて解除と学習させ、オイルの油量調整で完成です。

↑追加でご依頼のありました、フロント左タイヤ交換させていただきました。

ご入庫いただき、ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email