↑ヘッドカバーガスケットよりオイル漏れのため、取り外していきます。

↑オイル漏れにより、エキゾースト側に付着したオイルが焼けてもくもくしてきます。

↑ワイパーカウルトップも外さないと、上に抜けてこない状況です。

以前のモデルよりも時間がかかります。

↑ガスケットは弾力もなくなっており、かなり硬化している状態でした。

↑エキセントリックシャフトセンサーも同時に交換します。

↑シャフトセンサー固定ネジには、注意が必要です。

↑シールも打ち替えし、

↑バルブトロニックモーターもショートのため交換します。

↑あとは、復元作業。

ご入庫いただき、ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email