オイル漏れは、定番箇所全て交換していきます。

↑アンダーカバーもオイル漏れのため汚れています。

↑バノスOリング交換。

↑フィルターにスラッジが付着していましたので、清掃。

↑新しいOリングを組付けました。

↑バノスソレノイド組付け。

↑ヘッドカバーガスケットの交換のため取り外し、

↑ついでにバキュームポンプのガスケット類を交換。

↑バキュームポンプを取り付け後、

↑ヘッドカバーのガスケットを組付けしていきます。

↑オイルエレメントハウジングガスケット交換。

↑組付け完了。

↑オイルパンガスケット交換のため、メンバー少し降ろしての作業。

↑ガスケット以外に、レベルセンサーガスケット、ボルトも同時に交換。

↑組付けし、下部の清掃。

冷却水の漏れは、

↑オイルクーラーや、サブタンクにも接続するパイプからです。

↑新しいパイプに交換しました。

↑漏れの点検のためにエンジンをかけて様子を見ていると、

↑床にオイルが垂れているので、再確認すると、

↑パワステポンプとシリンダーブロックの間から漏れ出しているようで、

ポンプを外して確認。

↑側面から刺さっているボルトが締まっておらず、念のためボルトを外し点検。

ボルトには問題なさそうなので、一旦締め付けしオイルが漏れてこないか

確認したところ漏れは治まりました。 なぜ緩んでいたのかは不明です。

各部洗浄後、試乗して完成です。 ご入庫いただき、ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email