Dレンジ、Rレンジの入力時にショックが大きい症状で、トランスミッションエラーも

入力されていました。

↑バルブボディの交換となります。

↑外したものには、修理痕がありました。

↑新しいバルブボディを取り付けし、

↑オイルパンの洗浄後、

↑取り付け。

↑CVTフルードは、純正品を使用し、油量の調整で完成です。

ご入庫頂き、ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email