入庫時走行距離、108367km。

事前に入庫いただき、あらかたのパーツをご用意しておきましたが、工場都合で

着手日程が遅れてしまいました。

今回は、オイル漏れ修理が、メインとなります。

↑オイルエレメントハウジングのガスケット交換のため、

↑ハウジングを取り外しました。

↑エンジン側です。

↑ガスケットがぺったんこになっていました。

↑新しいガスケットを、ハウジング側とオイルクーラー側両方取替ます。

↑エンジン側を清掃し、

↑ハウジングにガスケットをセットし

↑組付けしました。 オイルエレメントは同時に交換しております。

↑ヘッドカバーのガスケット交換作業。

↑外したカバーです。

↑N20エンジンは、インジェクターライン、高圧ポンプ、バキュームポンプ、ハーネスを外し

↑ヘッドカバーのガスケットの交換となります。

↑新しいガスケットをカバーにセットし、

↑取り付け面の清掃後、

↑外したパーツを元通りに組付けしていきました。

↑ターボ側のオイル滲みは、どうやらブローバイの影響のようで、

↑ゴム系パーツの交換と、各締め付けの再チェックとなりました。

オイル交換をまめにしたほうが良いと思います。

↑エアエレメント清掃。 スロットルボディは写真にはありませんが清掃しております。

↑フロントブレーキの状態。

↑フロントブレーキの状態。

↑リアブレーキの状態。

↑リアブレーキについては、交換時期が近いようです。

↑ブレーキフルードは、車検ごとに定期交換となり、

↑交換しました。(交換後)

↑ラジエターサブタンク交換。

↑冷却レベルの低下のメッセージの原因は、内部のフロート異常でした。

交換後は、メッセージも表示されていません。

↑CBSのリセット及び、

↑エンジンオイルのレベル確認OKでした。

以上が整備内容となります。 ご入庫いただき、ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email