HomeBlogスズキキャリートラック、一年点検。 CH2376

キャリートラック、一年点検。 CH2376

走行距離が、80056kmでの点検、整備です。

ブレーキ分解、点検。

DSCN2761

↑フロントブレーキパット残量は、7.3mmでした。清掃しパットグリスを塗り組み付け。

DSCN2747

↑リアは、ホイルシリンダーよりオイル滲みがあり、カップキットを取り替えしました。

DSCN2748

↑新しいカップキットに取り替え。

DSCN2752

↑組み付け後です。

DSCN2756

↑ブレーキ残量は十分ありました。

ブレーキフルード交換、エア抜き。

DSCN2802

↑カップキットを交換したのでブレーキラインのエア抜き作業も実施しました。

エアエレメント交換。

DSCN2745

↑外したエアエレメント(上側)は汚れている状態でした。下側NEW。

点火プラグ交換。

DSCN2760

↑新旧比較です。 摩耗のため交換しました。

エンジンオイル、オイルエレメント交換。

DSCN2774

↑オイルを抜いている様子です。 次回交換は、84000kmです。

ドライブシャフト左側アウターブーツ交換。

DSCN2768

↑ブーツの亀裂が大きく、破れる前に交換します。

DSCN2772

↑取り替え後です。

バッテリー交換。

DSCN2786

↑新品バッテリーに交換しました。

リアデフフロントシール交換。

DSCN2599

↑プロペラシャフトとの接合部分が酷い状態。

DSCN2899

↑オイルシールを交換しました。

ヘッドライト右側交換。

DSCN2794

↑交換する前のユニットは、水が浸入している状態で、新品に取り換えしました。NEW。

ラジオアンテナ交換。

DSCN2801

↑収納できないアンテナは、ぐにゃぐにゃ状態。

DSCN2798

↑まっすぐな新品のアンテナに交換しました。

エアコン効き不良。

ガス圧を測定し、コンプレッサーの不具合で交換となりました。

DSCN2976

↑外したコンプレッサーは、全く仕事ができていない様子。(>_<)

働き過ぎには注意が必要と言う事で、リビルト品を取り付けします。

DSCN2979

↑コンプレッサーを取り付けし、

DSCN2978

↑真空引き後、ガスを規定量入れて、冷え具合も良い感じになりました。

大変遅くなり、ご迷惑をおかけしました。 ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

会社概要

お問い合わせ

© 2024 まごころ自動車

This is a staging enviroment