HomeBlog輸入車・国産車の情報ブログスズキ・アルトの歴史

スズキ・アルトの歴史

スズキの主力軽自動車「アルト」の歴史は1979年に始まり、初代モデルは徹底的なコストダウンにより車体本体価格47万円という当時としては画期的な低価格を実現、あっという間に大ヒットモデルとなりました。

その後は幾度の軽自動車規格改定を経て幾度も進化を続け、2014年に登場した現行型の8代目は新開発のプラットフォームを採用し大幅な軽量化を実現、リッター37.0kmという歴代史上最高の低燃費を実現しています。

1984年に登場した2代目からは、よりスポーティーな高性能モデル「アルトワークス」の販売も開始され、カスタマイズカーのベースやモータースポーツ愛好者を中心に人気を集めました。

1998年登場の5代目を最後に一時期途絶えるも、2015年に現行型をベースとして約15年ぶりにアルトワークスは復活を遂げました。

軽自動車の規格ギリギリまでチューンナップされた660ccの直列3気筒ターボエンジンを搭載し、トランスミッションはAT全盛の現在にあえて5速MTをメインに据え、AT限定免許所有者のために2ペダル式MTの5速AGSもラインナップされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

会社概要

お問い合わせ

© 2024 まごころ自動車

This is a staging enviroment