いつも当店をご利用いただき、ありがとうございます。

走行後、車両前方からの匂いがあり、点検しました。

漏れがあるのは、オイルエレメントのハウジング付近と、滲みがあるのは、ヘッドカバー付近です。

ヘッドカバーからのオイル漏れとなると、マフラーにオイルが付着し匂いとなったり、煙がでたりで

予防のため交換となりました。

↑赤線の右側ですが、少しオイルの滲みがあるため、変色しています。

真下にはエキゾーストシステムがあり、かなり高温となります。

↑取り外したヘッドカバーです。

↑今回取り替えする、パッキンです。 外したパッキンは少し硬化し始めている状態でした。

酷くなると、プラステックの様に固くなり、外すのにも慎重になる事もある作業でした。

↑次はオイルエレメントハウジングからのオイル漏れ修理です。

エレメントハウジングをシリンダーブロックから外します。

↑赤い線の部分にパッキンがあたるのですが、矢印の部分にオイルが溜まっているのは、

パッキンの不良が原因と思われます。 パッキンの下側のオイルは外す時にこぼれたオイルです。

↑新しいパッキンをセットし、復元していきます。

オイルが漏れてくる場所は、ガスケット類、パッキン類、オイルシール類、ホース類など様々です。

今回はゴムの硬化によるオイル漏れでした。ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email