ダッジキャリバー、一年点検。 CH1861

走行距離が、41609kmでの点検、整備です。

入庫時には、ESP、横滑りの警告ランプも点灯している状態でした。

DSCN9254

ブレーキ分解、点検。

DSCN8646

↑フロントブレーキパット残量、6.7mm

DSCN8677

↑リアブレーキパット残量、6.8mm

前後清掃し、パットグリスを塗り組み付けしました。

ESPの診断。

DSCN8339

ブレーキのプレッシャーセンサーのDTCがあり、消去しても再点灯。

再度診断し、ブレーキペダルを踏んでも、離してもプレッシャーセンサーの数値が

変化しませんでした。 プレッシャーセンサーは、ABSコントロールユニット内部にあり、

交換となれば、ディーラーさんのお力をお借りしないといけない状態。

しかも、部品は国内在庫なしで本国オーダーで約1か月かかりました。

ディーラーさんのご協力があり感謝、お客様には大変ご迷惑をおかけしました。

DSCN9257

↑問題のあった、ユニットです。

エアエレメント清掃。

DSCN8350

↑エアーでほこりを飛ばし清掃しました。

点火プラグ交換。

DSCN8633

↑外したプラグは、お疲れの様子。

DSCN8634

↑新しいプラグは、元気な様子。 4本交換となりました。

エンジンオイル、オイルエレメント交換。

DSCN8678

↑オイルを抜いています。 使用したオイルは、モチュール8100X-CESS、5w-40です。

ワイパーブレード交換で、作業完了となりました。

ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email
おすすめの記事