DSCN7878

エンジンかかっている状態では、シフト操作できなくなります。

クラッチの部分にトラブルがあるとおもわれますので、エンジンミッション降ろします。

DSCN7878

↑ここから、ミッション取り外し、

DSCN7885

↑クラッチ機構のチェック。

DSCN7896

↑原因はこれ、レリーズフォークの亀裂で、クラッチペダルを操作しても

力が逃げてしまうので、クラッチが切れない状態となってたようです。

DSCN7886

↑クラッチも降ろしたついでにチェック、フェーシング摩耗してます。

DSCN7894

↑新しいクラッチキットと、

DSCN7934

↑レリーズフォークを交換。

DSCN7866

↑ついでの作業で、ドライブシャフトの右インナーやぶれているので、

DSCN8000

↑新しいパーツを取り寄せし、交換。

DSCN7888

↑シリンダーヘッドカバーからは、オイル漏れがあり、

DSCN8003

↑ヘッドカバー外して、

DSCN8002

↑パッキンの交換。

DSCN8015

↑漏れたオイルが、ヒーターホースをふやけさせてるので、

DSCN8016

↑ホースを交換。

DSCN8024

↑冷却水ラインのエア抜きで完成です。 ご入庫いただき、ありがとうございました。

Write a comment:

コメントを残す

2015 © Copyright - まごころ自動車