HomeBlog輸入車・国産車の情報ブログ電気自動車はどのように充電されているの?

電気自動車はどのように充電されているの?

電気自動車の充電方法は普通充電と急速充電の二つがあります。
普通充電というのは単相交流100Vコンセントまたは200Vコンセントを使用して充電を行います。

これに対して急速充電では3相200Vを使います。
これによって早く充電をすることが出来るというわけです。

その代わり急速充電用の設備というものは一般の家庭などにはないので、この充電設備を使うには、専用の設備のある充電ステーションなどにいく必要があります。

これに対して普通充電用の設備は一般的な家庭でもあるので、電気自動車に付属の専用のコンセントをつなぐことで充電をすることが出来ます。

現状ではこの普通充電ではフルに充電をするためにはかなりの時間がかかります。

充電スピードでは普通充電が10km程度の走行距離を走るのに必要な充電をするのに焼く一時間かかりますが、急速充電であればフル充電でも30分かからないぐらいです。

電気自動車の普及はこの急速充電の設備をいかに普及させるのかがかぎといわれるのかは、このことも関係しています。
充電時間は設備の容量などによっても変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

会社概要

お問い合わせ

© 2024 まごころ自動車

This is a staging enviroment