走行距離が、62891kmでの車検整備です。

入庫時、オイル漏れも少々あり、修理もいたします。

ブレーキの分解、点検。

↑フロントのブレーキパット残量、9.9mm

↑リアのブレーキパット残量、8.9mm

前後とも残量十分あります。 清掃と、パットグリスを塗り組み付けしました。

ブレーキフルードの交換。

↑ブレーキフルードは車検ごとに定期交換します。

エアエレメント点検、交換。

↑外したエアエレメント(左側)汚れていました。 右側NEW。 (^O^)

オイルパンからのオイル漏れ修理。

↑下から撮影しました。赤丸の所にオイルの滴が、オイルパンとブロック間のパッキン不良です。

 

↑エンジンオイルを抜き、オイルパンを取り外します。

↑外しました。 オイルの管理もしっかりされていたようです。

↑オイルパンを清掃して、パッキンの交換をします。

↑新しいパッキンを取り付けします。

↑取り付け完了。 今回使用したオイルはモチュールの5W-40、100%化学合成オイルです。

同時にオイルエレメントも交換しました。

パワステオイル漏れ修理。

↑この状態にあるミニはよく見かけます。 オイルでべとべとです。

↑パワステのリターンホースを交換します。 上側NEW。 (^O^)

パワステオイルのエア抜きをし完了。

デフサイドシールからのオイル漏れ修理。

↑右側のドライブシャフト、ミッション側からの漏れです。

↑ドライブシャフトを抜いて、オイルシールの交換。

↑左側のオイルシールが不具合ありオートマオイルが漏れていました。 右側NEW。 (^O^)

↑新しいオイルシールを打ち込み、シャフトを組み付けします。

↑オイルの補充は、テスターを接続し油温を見ながらの補充となります。

エアコンフィルターの点検、交換。

↑これから花粉の季節なので、交換しました。 下側NEW。 (^O^)

ワイパーブレードの交換、ウォッシャー液の補充で作業完了です。

最終は、ロードテスト後、再度リフトアップし、オイル漏れがないか確認後、

診断機を接続し、故障コード読み出し後、サービスインターバルのリセットで完了。

ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email