入庫時走行距離、144079km。

点検後、お見積り作成し、ご相談後、着手となります。

お預かりしたのが今年の初め2月でした。 新型コロナの影響でパーツ手配も本国

オーダーで遅れる事もあったり、こちらの都合で別工場での修理となったりで

お時間いただきました。

↑シフトレバーのガタがあり、

↑グロメット交換し、シフト操作しっかりしました。

↑プロペラシャフトコンパニオンプレート交換。

↑シャフトより取り外し、

↑交換しました。

フロントブレーキサポート交換、まずは右側から、

↑サポートを外すために、スプリングを特殊工具で縮めて外し、

↑サポート交換準備。

↑ブーツが破れています。

↑取り外すと、

↑パワステオイル漏れもあって、ブッシュがふやけてますので、

パーツ取り寄せしている間に他の作業。

漏れているギアボックスを外して、オーバーホールに出してる間に

↑ベルトテンショナーを交換していきます。

↑取り外してみると、

↑グリスが出ている状態です。

↑テンショナー、ダンパーをセットし、

↑組付けしていき、

↑ベルトも新品に交換し完成。

ブレーキサポートが届いてから、

↑油汚れや、ほこりなどを落としてから組付けします。

ブレーキ修理。

↑ブレーキキャリパーは、引きずりがあり、OHしてからサポートと一緒に

↑右側組付け。

↑オーバーホールが出来上がってきたので、

↑ギアボックス取り付け。

↑左側も同様の作業しますが、

↑左は、タイロッドエンドブーツ破れのためブーツ交換。

↑ロアボールジョイントブーツも破れている為、

↑ナックルアームを外してみると、ボールジョイントの動きが渋いので

パーツ追加発注。

↑その間に左のブレーキサポートと、ブッシュ交換します。

↑ブーツ破れてますが、補修してあるようです。

↑左側の交換完了し、

↑キャリパーのオーバーホールも完成し、

↑ボールジョイントが届いたので、ジョイントを抜いて、

↑こんな感じで入れたり、

↑工具を借りてきて、プレスで圧入したり、

↑うまく入ったと思うと、ブーツが切れてしまい、

↑あらかじめ取っておいたブーツに交換し、

↑左側組付けしていきました。

↑左側も完成。 その他も小さな作業はありましたが、

エンジン始動しようとするとかからないので、点検。

燃料ポンプが動いてないので、

↑ポンプ交換。

↑しかし交換後もかからないので、ポンプリレーを在庫にあるパーツで

使用するとかかるようになり、

↑ポンプリレーも交換。

少しの間エンジンかけていると、ポンプからジージー音がしだし、

↑フィルターも交換。

↑交換完了。

↑ボンネットインシュレーターの交換。

↑交換完了です。

バッテリーは保証での対応となり、新しいバッテリー交換。

以上がおおざっぱですが、作業の内容です。 ご入庫いただき、ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email